List all courses we teach:

PADI バブル・メーカー

ズバリ!お子様の為の体験ダイビングです。

8歳以上の方が対象のコース。最大2mの水深で、大人と同じダイビング器材を着けて

水中世界を楽しめます。

PADIシール・チーム

10歳未満が対象、スイミング・プールで実施される、れっきとした認定プログラムです。レック、ナビゲーション、フォトグラフィなど、様々な”アクア・ミッション”に参加して、認定証も取得出来ます。

体験ダイビング

所要1日。インストラクターと一緒に手軽に水中世界を体験出来ます。

“時間が無い”、”まずは手軽に体験してみたい”、そんな方にピッタリのプログラムです。

PADI スクーバ・ダイバー・コース

“ライセンスが欲しいけど、オープン・ウォーター・コースを取得する時間が無い”

そんな方の為のコースです。最大深度は12mに制限されますが、ライセンスを取得出来ます。その後、追加のトレーニングを受ければ単独でのバディダイブが可能なPADIオープン・ウォーター・ライセンスにアップグレードが可能です。

PADI オープン・ウォーター・コース

潜れる最大深度は18m。世界中のダイバー人口の6割以上を占めると言われるPADIライセンス。そのスタートラインにあるのがこのコースです。いわゆる「ダイビングのライセンスを取る」と言ったらこのコース。知識やスキルの習得を含む計4日間のコースを終えると、あなたは立派なダイバーです!

PADI アドバンスド・オープン・ダイバー・コース

オープン・ウォーターで得たスキルを活かし、ダイビングの楽しさを掘り下げる。そんなコースです。
計2日、5本のダイビング中で、水中写真、魚の見分けかた、中性浮力など、楽しみながらダイビングの世界を広げる事が出来ます。

また、必修であるディープ・ダイブを修了すると最大30mまで潜る事が出来、世界中のほぼ全ての人気ダイブサイトに潜る事が出来ます。

PADIスペシャリティ・コース

その名の通り、スペシャルなスキルと知識を身につけるコースです。

アドバンスド・オープン・ウォーター・コースで得たスキルを更に掘り下げます。

例えば、ディープスペシャリティを受けると最大40mまでダイビング可能。つまり、プロフェッショナルと同じ水深まで潜れるのです。

PADI エマージェンシー・ファースト・レスポンス

所要1日。救護や心肺蘇生法を学ぶコース。

PADIレスキュー・ダイバーを取得する為に必須の資格でもあります。

ダイビングはもちろん、日常生活でご家族のトラブルにも対応出来る知識とスキルを習得出来ます。

PADIレスキュー・コース

その名の通り、人命救助の基礎を学ぶコースです。

トラブルに見舞われたダイバーのアシストはもちろん。自分自身の安全性を高める知識とスキルを習得します。

ダイビングを続ける方には是非ここまで取って頂きたい、そんなコースです。

PADIマスター・スクーバ・ダイバー・コース

キーワードは”ダイビングの黒帯” スキルも知識も高いアマチュア・ダイバー最高峰の資格です。

レスキュー・ダイバー資格、スペシャリティ・ライセンスを5つ取得すると申請可能です。

“プロまでは考えていないけれど、もっとダイビングを極めたい”、そんな方に最適なコースです。

PADIダイブマスター・コース

さぁ、ここからがいよいよプロダイバーのスタート地点です。
このコースが終わると、ファンダイブのガイドはもちろん、知識、スキル、リーダーシップなど、プロダイバーとして相応しいレベルに達し、インストラクターへの準備段階でもあります。

日程は約1ヶ月から。週末だけのコースなど、日程に関してもご相談ください。

PADIアシスタント・インストラクター / オープン・ウォーター・インストラクター

所要期間は最短2週間から。日程に関しては柔軟にご対応致します。
人々にダイビングの楽しさを伝える事が出来るインストラクター。

その本試験に向けたコースです。

PADIスペシャリティ・インストラクター・コース

インストラクターになった後、更に仕事の幅を広げる事が出来るコースです。

ディープやナイトロックスなど、スペシャリティコースを教える資格を取得出来ます。

PADIマスタースクーバ・ダイバー・トレーナー・コース

最低でも5つのスペシャリティトレーニング資格を取得し、アマチュア最高峰のマスター・スクーバ・ダイバーを認定出来る資格です。

PADI IDCスタッフ・コース

コース・ディレクターへの第1歩!
PADIコース・ディレクターをアシストしつつ、インストラクター開発コースでも重要な役割を果たし、以下の権利を取得出来ます。

  • PADIアシスタント・インストラクター・コースを単独で開催出来る。
  • PADIコース・ディレクターの監督の下、IDCの一部を開催出来る.
  • PADIコース・ディレクターの監督の下、各種スペシャリティ・インストラクター・コースを開催出来る

PADIマスター・インストラクター

PADIの一般コースでは最高峰のインストラクター資格です。

ここまで来ると講習スキルはもちろん、ダイビングのあらゆる事に精通している、と見なされます。

そして、PADIコース・ディレクターまではあと一歩!

PADIコース・ディレクター

インストラクターの最高峰。IDC(インストラクター開発コース)を含む、ほぼ全てのPADIコースを開催出来ます。

マーメイドには現在、2人のPADIコースディレクターが常駐しております。