Tex Rescue - From Texas To Thailand #4 Rescue Course

From Texas To Thailand #4 Rescue Course

PADI Rescue Course

インターシップの時、多くの時間を船上やプールでダイバーと共に過ごしました。このような環境において自分の経験が増えるにつれ、ダイバーの危険予知を理解するようになっています。このPADIレスキュー・コースは緊急事態の対応スキルを身につける事が出来ます。なのでレスキュー・コースは私の好きな科目のひとつです。

クラスでの講義が1日あり、幸いチームにも恵まれました。チームに恵まれた事で、楽しくエネルギッシュな講義になりました。

2日目は講義で学んだ事を船上で実践スキルを磨きます。我々のインストラクターは危険予知を教えるだけでなく、危険が発生した場合、解決方法まで導きます。例えば、ライフジャケットとフロートはただの浮くための道具ではありません。さらに、椅子のクッションやBCDも緊急時には別の使い方が出来ます。次は水中において不明ダイバーの探し方、浮上方法と引き上げ方です。すべてのスキルは“シナリオの日”に合わせて練習します。

3日目は“シナリオの日”でPADIレスキュー・コースの最終日です。いつか、どこかで、誰かに何かが起こる為、その人を救助します。インストラクターはトレーニーやインターンに突然、海面に飛び込むよう指示し、溺れ役を演じさせます。シナリオを作り出し、習った事を実践します。ですので、この日は一日中、ウエットスーツを着ないで、フィンとマスクは近くに置いていました。ボートを走り回り、いつでも誰かが何かをしでかすという恐れの中にいて、鷹のように目を凝らしました。

スキルのテストを確認され、スポットライトの中に入れられたようだけど、とても楽しい瞬間でした。このコース終了時、私は自分のダイビングスキルが向上した以上に、ダイビングへの信頼性もアップしたと感じました。

次はダイブ・マスター・コースへ、夢のプロフェッショナルへの第一歩!

Spread the love