PADI IDC in Pattaya - From Texas To Thailand #6 PADI IDC

From Texas To Thailand #6 PADI IDC

ダイビングのインストラクターって聞くと、どう響きますか?多分、ダイビングのプロフェッショナルであり、スキューバ・ダイビングを教える立場にあると思うでしょう。そして思いつくのは綺麗な海と島でしょうか。さらには面白い髪形をしたビーチでの遊び人のイメージでしょうか。正直に言うと、私のダイビング・インストラクターのイメージはそんな感じでした。しかしながら、ダイビング業界に入ってみると、PADIのダイビング・インストラクターとしての地位を維持する事が何を意味するのか理解しています。綺麗な場所で生活し、冒険して、新しい人達と出会う、これらが多くの理由の1つとして、次のコースに進む糧となりました。

まず最初はインストラクター養成コース(IDC)から始まります。これは14日間のコースで、インストラクター試験(IE)の準備をします。このコースはとてもやりがいのあるコースと聞いていましたが、実際にはどれ程の事かは理解していませんでした。2週間のクラスルームでのプレゼンテーション、海洋に行く前のプールでのワークショップやスキルの練習。目まぐるしい授業の内容とストレスで押しつぶされそうになりました。とても難しいコースですが、期待以上の効果があるのだろうと感じました。IDCの後、ついにインストラクター試験の日がやってきました。この日は“判決を受ける日”のような気分です。私が勉強をしてきた事、インストラクター試験の日の為に犠牲を払ったすべての事が煮詰まった感じです。インストラクター試験の前夜は部屋に閉じこもり、勉強をしていました。

PADI Pro Become a PADI Dive Instructor in Thailand

朝陽が昇り、ついに待ったその日がやって来ました。我々はIEの試験会場に行き、試験に臨みました。試験官は笑顔と握手で我々を迎えてくれたので、私はとてもリラックスできました。学科試験の後はプールでのテストです。そしてプールでの実地テストが終了すると、今度は船に乗ります。次は海洋での試験に臨みます。最も心配な部分は海洋試験が自然に左右されるということです。我々は潜り、スキルを実施し、船に戻ります。そして試験官はすべての生徒の前に座り、PADI名物“おめでとう”の握手を交わします。この瞬間、私の身体は喜びにあふれました。子供の頃クリスマスの朝、私がずーっと欲しかった自転車が木に寄りかかっていたのを見つけたような感覚です。そう、それは誕生日を100倍にしたような気持ちです。そして晴れてPADIのオープン・ウォーター・スキューバ・イントラクター試験に合格。そう、私はまだこの日の夢の中にいて、その夢を止めるつもりは当分ありません。

Spread the love